らっこちゃんのブログ

切迫早産と診断され自宅安静を指示された妊婦のブログ。自宅安静時に始めたこと、食事、生活、思った事を綴ります。

昼寝

自分も夜とか日中に寝落ちちゃうのは、子供に寝て欲しいときに自分も寝るモードの気持ちになっているから、仕方ない。

 

サボっているわけではないと思う。

 

出産もせず会社で働いてるモードになれば、こんな事はしないと思う。

 

男も女もそれぞれ大変なんだからお互いに尊重しよう。

 

トントン

夫と仕事量トントンにするにはって考えると

 

夫は仕事をしている

私は家事をしている

 

でイーブンだなって思った。

 

ってことは、あとの育児と就活は私にとってフェアじゃないってことになるな。

 

家族のことなんだから育児と就活の事も半分(もしくはそれ以上)夫もやってほしい。

手伝いとかじゃなく、自主的にもっとやって欲しい。妻の負担多すぎる。子供は可愛いが、妻の負担多すぎる。

 

夫が病名のつく病気になったんだけど、普通に通勤もしてるし病気になった方が悪いと思ってしまうぐらいこっちも切羽詰まってる。

 

理想のくらし

保育園までのくらし

 

平日はフレックス制の夫に子どもを保育園まで送ってもらい、私は定時で仕事へ片道30分。短時間正社員。

帰りは私が少し早めに帰宅して子どもを迎え。

土曜日は一人温泉へリフレッシュ。

日曜日は一週間分の食事を作り貯め。

 

小学生までのくらし

平日は子どもを学童と習い事を入れて夜20時頃習い事までお迎えに。正社員。

土曜日は一人温泉へリフレッシュ。

日曜日は一週間分の食事を作り貯め。

 

ん〜♪理想的。これが私の理想的。

子育ての時間がほとんど無いような表記になってしまったけど、合間合間にメリハリつけてちゃんと愛情込めて向き合います。

 

全部一人で育児完璧には無理なので、私的にはちゃんと稼いでそのお金で育児のサポートしてもらって、家族みんな有意義な時間を過ごす事を心掛けたいです。

 

このライフプランは私の理想でもあって、実際に友達の友達が実践していたスタイルです!

女性もやれば出来る!やりたいこと諦めない!!

 

お金で解決して子どもが可哀想…とか祖父母レベルの人たちはみんな無責任に言うけど、実際に私は専業主婦の母に大事に過保護気味に育てられてあんまり有り難みを感じていませんでした。(教育的に)

 

大事なのは、その子に合った育て方を見極める事だと気付きました。正解も不正解もない。あるのは好きかどうか、合うかどうか、です。

 

まずは親の理想を試してみて、ちゃんと子どもの反応を見てあげられる親になりたいです。

 

 

 

 

 

 

休んでるなんて思わない

専業主婦で家で育児していると

・子供と遊んでいる(ハイハイ頃から目が離せなくなってきた、食事や遊びでご機嫌取り、おむつ替えから逃げて時間かかる、昼寝待ち…)

・家事は進まない

・自分のやりたい事も出来ない(就活の準備など)

・引っ越してきたばかりでそのままになってるダンボールがずっと気になっている

・収入もない

 

こんな事が常に頭の中にありながら焦る気持ちを抑えながら日々過ごしている自分を、そろそろ許してあげたい。

 

収入が無いからって休んでいるわけではないよね、むしろ無給無休のタダ働き中だよね。

 

そんな自分を偉い、ちゃんとやってる、今はこれでいいって、認めてあげたいって思った。

 

辛いことばかりでは無いはずだけど、自分のやりたい事が出来ないだけでこんなにも世界がうがってみえてしまう。

 

子どもを預けて空いた時間があれば、家事がしたい、就活がしたい、勉強のため読みたい本がある、ちゃんとご飯作りたい、家を片付けたい、こんな事を願う私がダメなわけない。偉いと思うよ。

 

休みたいと思わない心理にはきっと毎日「休んでる」っていう負い目があって、でもそれは育児をしながらなんだから休んでるわけなくて、時間が出来た自分に少し「ちゃんと休んで」って言いたい。

 

焦らずに

 

その気持ち、忘れないでいよう。

 

 

 

 

リトル・ママフェスタin池袋

サンシャインシティーのリトル・ママフェスタに行ってきました!

ベビーカーの物入れネットの底が抜けそうなぐらい液体系のお土産をいただきました^_^;アップルタイザーとかもやしのうま煮の素とかありがたや〜〜

 

2019年6月4日5日

1日目の戦利品

f:id:eigolian1222:20190612230224j:image

 

2日目の戦利品

f:id:eigolian1222:20190612230233j:image

f:id:eigolian1222:20190612230238j:image

3枚目はみんなが貰える参加賞で両日ともにいただきました〜

 

疲れましたが、ハイハイレースや赤ちゃん相撲にキャンセル待ちで参加できてよかったです。

 

 

 

だいぶキテたみたいです…

1歳2ヶ月になりました。

 

今月から小規模保育園(2歳クラスまでの園)に入園始まり、ならし保育で今週は2時間預かりから始まりました。

 

1日目、2時間急に自由時間出来て結局ソファーに横になって終了。

 

2日目の今日、なんか急に開放感ー!!

朝からノンストレスでカップ麺食べながら見たいアニメ観てる…!!感動…!!!

 

1年ぶりに休日過ごしてる気分です。

 

1年とちょっと…大変お疲れ様でした、自分。

なんか涙出てきた…

 

 

この3ヶ月間、これから頑張って就活します。

 

 

 

 

1歳児の子育て

1歳になったばかりの娘です。

アカチャンホンポのバースデー会に参加して、ベビーザらスのバースデー会にも参加してきました。

 

栄養士さんに「毎日ほぼおじや食で野菜煮たものに醤油・トマトソース・味噌の味付けを変えてるだけで、育児雑誌に載ってるようなハンバーグとかサンドイッチとか作れないまだ固形物が食べれない…」と相談すると、おじや作りで充分ですよ!雑誌に載ってるものも一歳児後半ぐらいの子用だから大丈夫。と言っていただけて罪悪感や不安が取り除かれました。

 

デパートとかにある個室内の子供イス自宅のトイレにも欲しいわぁ…、と思う今日この頃です。

 

夫は子供が泣き叫んでも無視してスマホいじり続けられる精神の持ち主ですが、私は泣き叫ばれると自分の精神的にもソッコーまいるし子供の脳にとってもあまりよくない気がして焦ってしまいます。(多くのママさんがそうでこれが母性本能ってやつなのかもしれませんが…)

 

教育は大事だし必要だけど全員に通じる教科書はないし、その子一人一人に合った方法で育てていければと思い願います。

 

癖も無理に直さなくても恋をする頃自然と悪い癖は治るんだそうです(笑)

 

おむつ卒業もつかみ食べも歩き出しも…全部本人の意欲が目覚めるのを待つしかないそうです。

 

何事も焦らずに、ということでしょうか。

 

1歳になって最近思ったことでした。